外壁塗装の「中塗り」は美しく仕上げるために必要!

こんにちは😊優栄建装の服部です。

外壁塗装では、基本的に三度塗りが行われます。
・下塗り×1
・中塗り×1
・上塗り×1

外壁塗装の中塗りの施工写真です。

外壁塗装の土台部分にあたる「中塗り」は、非常に重要な工程です。
・外壁塗装を美しく仕上げることも、塗料の性能を保証することもできません。

一般的に中塗りと上塗りは同じ塗料を使います。
そのため、「中塗り・上塗り」ではなく、「上塗り2回」と表現することもあります。

中塗りの役割

①美しく仕上げるため

外壁塗装を美しく仕上げるためには、中塗りが必要です。

下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りを行うことで、仕上がりが滑らかになり、美しくなります。

下塗りと上塗りの2度塗りだけでは、塗りムラがでてしまいます。

塗料を3度塗り重ねることによって、塗りムラのない美しい仕上がりになります。

②塗料の性能を発揮させるため

塗料には、防水、防カビ・防藻、遮熱、防汚などの性能が備えてあります。
塗料の性能を耐久年数の間しっかり持続させるためには、中塗りの塗装が必須です。

なぜならば、ほとんどの塗料が「中塗り→上塗り」と
2回に分けて塗装することで性能を発揮できる設計となっているからです。
そして、塗料にはそれぞれ、塗装する塗料の量や乾燥時間なども設定されています。

塗料は、これらの指示通りに施工しなければ、その性能を発揮することができません。
中塗りをきちんと行わなければ、高級な塗料を使用してもきちんと性能が発揮されません。

まとめ

外壁塗装の下塗り後、上塗り前の工程を「中塗り」言います。
また、上塗りと同じ塗料を使用するため、中塗りとは言わずに「上塗り2回」と表現することもあります。

外壁塗装の中塗りは、外観を美しく仕上げるため、塗料の性能を発揮させるために非常に重要な工程です。


最後までお読みいただきありがとうございました。

優栄建装
TEL: 046-282-1066
Instagram: @yuueikensou