屋根工事の種類をご紹介!

こんにちは😊優栄建装の服部です。

本日は、屋根工事の種類をご紹介したいと思います。

屋根の工法について

屋根工事といっても、いろいろな工法があります。
屋根の劣化具合によって適する工事が変わってきます。

屋根塗装

屋根塗装では、屋根の表面に新たに塗装を施して、屋根の機能と外観の回復、また屋根の模様替えが目的となります。

屋根のカケやハガレが生じている場合は、補修も合わせておこないます。
ただし、劣化の状況によっては、塗装以外の方法で対処する場合もあります。

カバー工法

カバー工法とは、古い屋根の上に新たに軽い金属製の屋根材を設置する工事方法です。

古い屋根をはがして処分する手間と費用がかからないので、工事費用と工事期間を抑えることができます。

葺き替え

葺き替え工事とは、屋根材とその下にある防水シートを一度撤去し、新しい防水シートなどを再設置した上で新たな屋根材を設置する方法です。

屋根のリフォームで屋根全体を新しくしたい場合や、雨漏りしている場合などに行われる工事です。
古い屋根材はすべて処分して新品の屋根材を取り付けることになります。

葺き直し

葺き直し工事とは、屋根材を一度取り外して、下地の修理と防水シートの交換を行った後、同じ屋根材を設置する工事です。

下地と防水シートはしっかりと修理することができますが、屋根材が元のものなので家の見た目はほとんど変わらないというのが特徴です。

屋上防水

屋上、陸屋根など傾斜の無い平らな屋根部分に、防水シートを貼る、あるいは、防水機能のある塗料を塗布します。
建物に雨水が染み込むのを防ぎます。

まとめ

屋根の工事の際に、どんな方法があるのかご紹介しました。

屋根について、普段意識することは中々ないと思います。
屋根の劣化症状をそのままにしておくと、お家の美観を損なうだけでなく、屋根材が落下したり、亀裂などから雨漏りの原因に発展することもあります。

外壁塗装を検討の際には、屋根の工事も検討してみてください。
同時にメンテナンスをする事で、足場代などが1度で済むので、お得にメンテナンスができます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

優栄建装
TEL: 046-282-1066
Instagram: @yuueikensou