外壁の塗り替えの種類!塗り分け塗装とは?

こんにちは😊優栄建装の服部です。

外壁を塗り替えるなら、「外観のイメージを変えてみたい」、「オシャレな外壁にしたい」と考える方も多いのではないでしょうか。

シンプルに色を変えるだけでもイメージはがらりと変わりますが、
外壁の色分けをするとさらに印象を変えることができます。

外壁の色分けは、塗料を2色以上用いて1階と2階部分で色を分けて塗装したり、出っ張り部分だけ色を分けたりすることができます。

外壁塗り替えの種類

外壁を塗り替える場合、大きく分けて「単色塗り」「多色塗り」「クリヤー塗装」があります。

単色塗り

1色の塗料でベタ塗りをする方法です。

最もシンプルで基本的な塗装で、外壁塗装を行っている業者であればどこででも施工してもらうことができます。

施工時間もかからず比較的安価ですむため、手早く・手軽に外壁をメンテナンスしたいという方にオススメです。

単色塗りの施工写真です。

多色塗り

複数色の塗料を使用する方法です。

多色といっても使用する塗料は、2色が一般的です。
また、高いデザイン性を求めて3色を使う方もいます。

多色塗りの施工写真です。

クリヤー塗装

透明の塗料を塗る方法です。

木目調サイディングなどのサイディングそのものに模様やデザインがついている場合、色付きの塗料を塗るとデザインが損なわれてしまいます。

透明な塗料をつかうクリヤー塗装であれば、デザインを損なわず防水性・防サビ性といった機能を取り戻すことができます。

しかし、透明であるため、傷などを隠すことができないデメリットがあります。

まとめ

外壁を塗り替える際に、イメージを変えたり、オシャレな仕上がりにするには大きくわけて3種類の塗り分けがあります。

どのような仕上がりにしたいかイメージして塗装を選ぶとよいでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

優栄建装
TEL: 046-282-1066
Instagram: @yuueikensou