屋根カバー工法のメリット・デメリット

こんにちは😊優栄建装の服部です。

屋根のリフォームといえば、屋根塗装を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
しかし、すでに雨漏り等を起こしている屋根などでは塗装では解決できません。

屋根カバー工法の施工写真です。


そんなときに検討したいのが「屋根カバー工法」です。
屋根を葺き替えるよりも工期や費用を抑えられるので、近年では定番の屋根リフォーム方法となりました。

屋根カバー工法とは?

屋根カバー工法とは、古い屋根のうえに軽い屋根を張ってかぶせる工事方法です。

古い屋根をはがして処分する手間と費用がかからないので、工事費用と工事期間を抑えることができます。

屋根カバー工法のメリットとデメリット

屋根カバー工法のメリットとデメリットをご紹介いたします。

メリット

・屋根材の処分費用を抑えることができる

・屋根材を取り外す手間が省けるため工期が短い

・二重の屋根材で防音性・断熱性が高まる

デメリット

・古い屋根の上に新しい屋根をのせるので屋根が重くなる

・屋根の状態によっては施工できない

屋根カバー工法ができない屋根

屋根の状況によっては、カバー工法ができないケースもあります。
古い屋根の下地をそのまま再利用する形になります。

下地まで腐食していたり、脆弱な部分が大きいなどの劣化が進行している場合、無視して新しい屋根を設置することができません。

この点は、業者に診断してもらい、お家に屋根カバー工法が適しているかどうかを調べてもらった方がよいでしょう。

まとめ

屋根カバー工法のメリット・デメリットについて紹介しました。

お家の屋根の状態によって、必要な工事は異なります。
劣化状況や、どのくらい費用がかかるのかを知りたいなど、
お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

優栄建装
TEL: 046-282-1066
Instagram: @yuueikensou