屋上防水工事の種類や劣化症状について

こんにちは😊優栄建装の服部です。

陸屋根やマンションなど屋上のある建物は、屋上防水が必須です。

屋上防水工事とは?

屋上防水工事とは、平らな屋根に防水加工を施す工事のことです。

屋上防水が不十分だと、たまった雨水などで水が染み込みやすくなり、雨漏りの原因になりかねません。

屋上防水工事の種類

屋上防水工事の種類をご紹介します。

ウレタン防水

ウレタン防水は、ウレタン樹脂塗料を複数回塗り、防水層を作る方法です。
屋上防水工事のなかで、最も代表的な施工方法です。

塗料なため、凹凸があっても施工でき、継ぎ目のない防水膜を形成できます。

FRP防水

FRPとは繊維強化プラスティックの略称で、ベランダにFRPで出来たシートを敷き、その上に専用の樹脂塗料を塗ることで防水層を作る工法です。

自由度が高く、複雑な形状のベランダにも施工可能で、屋上駐車場に使われるほどの高い防水性能と耐久性を持ち合わせています。

シート防水

シート防水とは塩化ビニールシートやゴム製シートなどを貼り付け、防水層を作る方法です。

下地処理の必要がなく、工期が短くなります。
また、シートを一気に貼るため広い屋上に最適な工法です。

アスファルト防水

アスファルト防水とはアスファルトルーフィングシートと液状化したアスファルトを重ね敷いて防水層を作る方法です。

アスファルト防水には、常温工法・熱工法・トーチ工法の3種類があります。

どの工法も耐久性が高く、耐用年数が長いため、メンテナンスが少なくて済みます。

熱工法・トーチ工法は、工事中に煙やにおいが発生するので近隣住民へ配慮して工事を行う必要があります。

屋上防水工事の劣化症状

次に、屋上防水の劣化症状について解説します。

防水機能が劣化してくると以下のような様々な症状がでてくるので、チェックしてみてください。

塗装のひび割れ・塗膜の剥がれ

紫外線や雨水などの影響によって劣化してひび割れや剥がれが発生します。

ひび割れ・剥がれは、雨水の侵入経路となります。

そのまま放置すると、ひび割れ・剥がれが生じた箇所から雨漏りが発生する恐れがあります。
早めの対処が重要になります。

水溜まり

排水部分に落ち葉や泥などが溜まっている場合は、それらを取り除いて水はけをよくすることで改善されます。

水溜りが長期間続くと、防水シートやトップコート、防水層の劣化につながるため、できるだけ早い対処が必要です。

排水溝(ドレン)の劣化

格子状のカバーがついた雨水を排水する箇所をドレンと呼びます。

ドレンが劣化したり、サビが発生してしまうと、そこから水が入り込んでしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

屋上防水工事の種類や劣化症状についてまとめました。

防水しておくことで、建物の劣化が防ぐことができます。
メンテナンスを怠らず、よい状態を長く保ちましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

優栄建装
TEL: 046-282-1066
Instagram: @yuueikensou